SDGs達成目標の2030年まであと11年。
君たちは未来をどう創るのか。
現在社会課題に取り組み、より良い未来を築こうとしている
学生・NPO法人・企業の活動をヒントに自分たちの未来について考えよう。

YOUth2030 概要

日時

2019年2月22日(金)
10:00-12:00  午前の部:市民活動団体、学生団体の紹介
13:00-16:30  午後の部:ゲストスピーカー講演
参加費 無料
定員 200名
会場 大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール
(大阪市北区中之島4-3-53)
主催 未来価値創造大学校 × NPO法人Deep People
後援 大阪市教育委員会、JICA関西、関西SDGsプラットフォーム
社会福祉法人大阪ボランティア協会
協力 サントリーホールディングス株式会社、生活協同組合コープこうべ
NPO法人琵琶湖ローイングCLUB、Social Meal Project
NPO法人アイセック・ジャパン、株式会社taliki
参加申込み フォームにてお申し込みください。
https://goo.gl/forms/vzrqIGDtiajJlccg2

午前の部 登壇者

NPO法人
琵琶湖ローイングCLUB

NPO法人琵琶湖ローイングCLUBは、「障がいがある無いにかかわらず、みんなで支え合い共に活きる!」社会づくりを目指し活動されています。
琵 琶湖を拠点に、障がい者ボート競技(パラローイング)の活動を通じ、スポーツの楽しさや健康増進、仲間作りや日本代表選手を育成するための環境を構築され ています。また、障がいのない人に対しての障がい者や障がい者スポーツへの理解促進を目的に、イベントの企画・運営の協力や協働事業を実施などもされてい ます。

障がいがあっても困難を乗り越え「夢」を叶える事が、本人とっても、そしてこの事業に関わる方々にも希望・勇気となると考えられ、彼らの活躍を通じて、感動とともにノーマライゼーション(等生化)の理念を広く社会に発信していくことを目的とし活動されています。

また、障がい者サポート競技で2020年東京パラリンピック出場を目指されています。

団体ホームページへ

JICA
青年海外協力隊

青 年海外協力隊(JOCV:Japan Overseas Cooperation Volunteers)事業は、1965年(昭和40年)4月に政府の事業として発足。その後、1974年(昭和49年)8月に政府が行なう国際協力の実 施機関として※国際協力事業団(JICA:Japan International Cooperation Agency(現国際協力機構))が発足し、その重要な事業のひとつとして受け継がれ、名称も青年海外協力隊となりました。

1965年に 発足した「青年海外協力隊」は半世紀を経て、初代隊員26名の派遣から累計派遣者数が5万人を超える事業まで大きくなり、様々な活動をされています。ま た、2016年にはアジアのノーベル賞と言われる「ラモン・マグサイサイ賞」を日本の団体として初めて「青年海外協力隊」が受賞されています。

世の中を良くしたいと思っている若い人たちに向けて「ゴールではなくスタートになる2年間」・「いつか世界を変える力になる」と活動されています。

団体ホームページへ

ソーシャルミール
プロジェクト

飲食店が「おいしく食べて社会貢献」を合言葉に事務所で作られた農作物を使ったメニューを開発し、お客様に提供するプロジェクトです。
「本業を通じて無理なく、楽しく」をモットーに活動されています。

また、ソーシャルミールプロジェクトの参加企業・福祉事務所には認証マークを発行し、全国の飲食店に普及させていくことで、障がいのある方の雇用を守ったり、工賃アップにも貢献ができます。




NPO法人
アイセック・ジャパン

アイセック・ジャパンは、世界126の国と地域で活動する世界最大級の学生組織AIESECの日本支部として、海外インターンシップ事業を運営する学生団体です。
1962年に設立され、現在では国内25の大学委員会が活動されて、社会の課題を解決するために、若きリーダーを輩出することを目的とされています。

海外インターンシップを運営し、志ある学生のリーダーシップと実践的なスキルを身につける機会を提供され、また、世界中の社会課題を解決し、平和で人々の可能性が最大限発揮された社会を実現することを目標として活動されています。

現代社会にたくさんの課題がある中で、「良い未来を描くために」と社会を変えていこう!という志高い若いリーダーをたくさん世界中に送り出している団体です。





団体ホームページへ

株式会社taliki

より多くの人が「生まれてきてよかった」と思えるよう、社会課題を解決する人材を輩出と同時に、効果的な活動を行うためのサポートの事業を行っている企業です。

「命を落とす人。死ぬよりつらい人の絶対数を減らすシステムを創る」をモットーとしています。
「目 的志向であれ」「クレイジーであれ」「工学的であれ」の3つを基盤とし、社会のために何が必要かを考え、ベストソリューションを提供し、人々が諦めたりバ カにすることに新しい価値を見出し、それをいかにどう面白く出来るかを追求し、夢物語や綺麗事を実現するために正しく構造を分析・把握し、再現性のある形 で実行に移されています。

また、関西・福岡を中心に25歳以下の若者の起業支援を行っていたり、社会課題を解決することを前提に、IT・医療・食品・人材・居場所づくりなどの様々な事業などの支援をされています。



団体ホームページへ


午後の部 登壇者

独立行政法人国際協力機構
(JICA/ジャイカ)

JICA関西 次長
田和 正裕様


企業ホームページへ

サントリーホールディングス
株式会社

コーポレートサステナビリティ推進本部長
福本 ともみ様


企業ホームページへ

生活協同組合コープこうべ

企画政策部 環境推進 統括
益尾 大祐様


企業ホームページへ

主催・後援・協力

主催 未来価値創造大学校 × NPO法人Deep People
後援 大阪市教育委員会、JICA関西、関西SDGsプラットフォーム
社会福祉法人大阪ボランティア協会
協力 サントリーホールディングス株式会社、生活協同組合コープこうべ
NPO法人琵琶湖ローイングCLUB、Social Meal Project
NPO法人アイセック・ジャパン、株式会社taliki

アクセス

参加申込み
フォームにて申し込みください。